漢数字の書き方には、壱弐参等あり、漢数字の書き方はワードやエクセルで縦書きや横書き,金額,旧字,数字,小切手,字,香典、目上の方へのお見舞いに漢数字を使用します。

漢数字 書き方

SponsoredLink
SponsoredLink
[ 漢数字 書き方漢数字書き方 > 漢数字書き方 ]

漢数字書き方

< 漢数字書き方の記事はココから >
JUGEMテーマ:ありがとう

漢数字の書き方について。
現在も目上の方に書くお礼状等の文書には、「一、二、三」の漢数字「壱、弐、参」は、

元々は別の意味を持つ字である。だがもとの「一、二、三」の字が、線を加えただけで

容易に他の漢数字に変えられるので、音読みが同じである「壱、弐、参」の字を借りて

漢数字の代わりにするようになった。この難しいほうの漢数字は「大字」と呼ばれている。

実はこの大字は、四から九にもそれぞれある。

零:他の意味は「おちる」
一:古字は弌、大字は壱/壹。大字の他の意味は「もっぱら」
二:古字は弍、大字は弐/貳。大字の他の意味は「そむく、うたがう、添う」
三:古字は、大字は参/參。大字の他の意味は「まいる」
四:大字は肆。他の意味は「ほしいまま」
五:大字は伍。他の意味は「くみ、隊列」
六:大字は陸。他の意味は「陸地」…てそのままや
七:大字は、質。は「漆」の俗字
八:大字は捌。他の意味は「さばく」
九:大字は玖。他の意味は「黒色の美しい石」
十:大字は拾。他の意味は「ひろう」
廿:二十
卅、丗:三十
:四十
百:大字は佰(百人の長)、陌(みち)
:二百
千:大字は仟(千人の長)、阡(みち)
万:大字は萬(元は、虫の名)。今では萬は万の旧字体。
そのあと、億、兆、京、垓、、穣、溝、澗、正、載、極、恒河沙、阿僧祇、那由他、不可思議、無量大数と続く。

SponsoredLink
SponsoredLink
< 漢数字書き方の記事の続きはココから >
新着記事

Favorite Link

Categories
| カテゴリ : 漢数字書き方 | 2010.02.06 Saturday | comments(0) | - |
| 漢数字 書き方 | 漢数字金額 >>
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
ブログランキングに参加してます。応援お願いします。

人気ブログランキングへ くる天 人気ブログランキング
RSSで更新状況をチェック
Author's Profile
現在表示記事
SponsoredLink
関連キーワード

漢数字壱弐参,漢数字書き方,漢数字縦書き,漢数字金金額,漢数字旧字,旧漢数字,漢数字大字,金額漢数字,小切手漢数字,エクセル漢数字,漢数字香典